2015年01月26日

◆「淀川神社」との共同事業進み出す

NPO法人近畿フォーラム21主催
蕪村顕彰俳句大学
蕪村生誕300年記念行事委員会



朝日新聞が昨年12月30日の紙面に、NPO法人近畿フォーラム21と「淀川神社」が共同で進めている活動について、「淀川神社:「蕪村故郷で一句いかが・生誕300年へ新年から献句」という記事で、「大阪版」に掲載しました。(「ご報告欄」に既報)

この記事を読んだ読者や、地元の俳句愛好者の人たちが、元旦から「淀川神社」を参拝し出して「絵馬献句」奉納新活動が進み出して、話題が大きく広がりだしました。「淀川神社」を「蕪村神社」として広めましょう!というキャッチフレーズも同様に広がり出したのです。

新年1月も、1か月になろうとしているこれまでに、「淀川神社」には「絵馬に献句しよう」と、地元の人や、俳句講座を受講生、親に連れられて来た児童生徒らによって献句された「絵馬」は100枚余に達しています。

「淀川神社」を「蕪村神社」として広めましょう!との目標を掲げて、蕪村顕彰と蕪村俳句を後世と全国・世界へ広めながら、大阪遺産の未来へ伝承していく活動は、少しづつ進展して行くのに喜びを感じています。

そんな折、1月26日産經新聞の21面に、「蕪村の氏神に俳句奉納」。
〜淀川神社、生誕300年前に:(「俳句絵巻」写真掲載)〜
という記事が掲載されました。下記に掲載します。

<大阪で生まれた江戸時代の俳人、与謝蕪村(1716〜83年)の氏神を祭る淀川神社(大阪市都島区)が、元旦から俳句絵巻の奉納を始めた。

来年の生誕300年前を前に。地元では蕪村を顕彰する機運が高まっており、同神社は今後、蕪村にちなんだ句会も予定している。

 蕪村は摂津国東成郡毛馬村(現在の大阪市都島区毛馬町)で誕生。その後、江戸や京都に移り住み、俳人、画家として活躍した。

生誕地である毛馬村の氏神祭っていた神社は現在はないが、ご神体は合祀などを経て淀川神社に移されたという。

 絵馬は縦24.5a、横6a。表には蕪村の句「菜の花や 月は東に 日は西に」が書かれており、裏面に参拝者が自作の俳句と願い事を記す。

俳句愛好家や家族連れが次々に献句しており、横路良宮司(40)は「蕪村も喜んで下さっていると思う。子供や若者が俳句に親しむきっかけになれば」と話している。>

このように報道機関のご支援も頂き、蕪村顕彰と蕪村俳句を後世と全国・世界へ広めながら、大阪遺産の未来へ伝承していく活動を積極的に進めて行きたいと思っております。

どうか、蕪村生誕300年記念行事をこれから頑張って始めます。皆様のご賛同を心からお待ちしております。
posted by 21キンキ at 13:01| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

◆蕪村の故郷で一句いかが 

〜都島の淀川神社〜
                             近畿フォーラム21主催
                              蕪村顕彰俳句大学
                              蕪村生誕300年記念行事委員会
                       

明けまして、お目出度う御座います。本年もよろしくお願い致します。

NPO法人近畿フォーラム21と共同で「蕪村顕彰」を進めている、「淀川神社を蕪村神社として広めましょう!」の元旦からの活動記事が、朝日新聞12月30日の大阪版に掲載されました。

同掲載記事をご紹介します。拝読されて、お正月に参拝され、「絵馬」に「献句」されますようお勧めします。


 <江戸時代の俳人・与謝蕪村(1716〜83)が生まれた大阪市都島区毛馬町にある「淀川神社」が、2015年の元日から参拝者が詠んだ俳句の「献句」を始める。「春の海終日(ひねもす)のたりのたり哉(かな)」などの名句を残した地元の偉人について、16年の生誕300年に向けて広く関心を持ってもらおうとの試みだ。
 
蕪村は当時の摂津・毛馬村の有力者の家に生まれ、二十歳にならない頃に村を出て江戸や京都などで過ごした。生い立ちの多くを語らず、村には一度も帰らなかったという。
 一方で、望郷の句は詠んでおり、生誕地を示す淀川河川敷そばの碑には、「春風や堤長うして家遠し」という故郷を思う句が刻まれる。毛馬に帰省する少女を描く晩年の代表作「春風馬堤曲」の中の一句だ。(平井良和)

淀川神社はこの句碑から東南に約600b、蕪村を顕彰する蕪村公園のそばにある。近隣の友渕村に氏神をまつっていた神社の境内を利用し、毛馬村の氏神と合祀する形で1953年に鎮座した。蕪村の家は、氏子だった可能性がある。

宮司の横路良さんは、「地元でも蕪村の故郷だと知らない人が多くなっている。蕪村と俳句に触れる機会を増やしたい」と考え、神社での献句を思い付いたという。

「菜の花や月は東に日は西に」の句と蕪村の自画像が描かれた縦約24a、横約6aの木製の絵巻を500円で販売。

裏面に自作を含む好きな句と願い事を書いて貰い、境内の絵馬掛けに1年間、かける。

横呂さんは「蕪村の句にある土地の今を見て、思いを巡らせながら詠んでほしい」と話す。

献句は、1月1日午前0時からの歳旦への参加者から奉納がはじまる。
問い合わせは、「淀川神社・06・621・5980へ。(平井良和)>
posted by 21キンキ at 05:00| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。